くしゃみ連発!花粉症にご用心

自分は大丈夫…なんて油断大敵!あなたも明日には花粉症かもしれません。すでに花粉症に悩まされている方も、今はまだ大丈夫と高をくくっているそこの貴方も!ぜひぜひ、このサイトの情報から身を守る術と、治療するための方法を学んでいってください!

花粉症・チョコレートアレルギーについて

さまざまなアレルギー症状には多くの人が毎年苦しむ花粉症で知られる鼻アレルギーや、食物アレルギーでは人それぞれ多少はあります。その中でチョコレートアレルギーというものがあります。チョコレートアレルギーは食べ過ぎると鼻血が出やすいということは知られていますが、チョコレートの成分であるカカオ、そのカカオに含まれるニッケルや喘息用の治療に使われる成分が多く含まれていて、過剰摂取となることが原因で呼吸や喉関係を中心に症状が起こります。また蕁麻疹や気管支喘息が起こります。このようにチョコレートアレルギーがあるようにアレルギーに苦しめられる代表格のアレルギー性鼻炎は風邪のような症状が起こります。この症状では好酸球と呼ばれる白血球が鼻アレルギーの原因になります。一般的な鼻水やちくのう症などは非好酸球性副鼻腔炎と呼ばれて区別され、このちくのう症とは違い慢性副鼻腔炎で好酸球性副鼻腔炎というのが現れています。原因はウイルスやカビで重くなると鼻アレルギーの症状としては、匂いがよくわからなくなる嗅覚障害や鼻ポリープにまでいたります。好酸球性副鼻腔炎は再発があるのでできるだけ、ほこりや風邪などをひきづらい健康的な生活に気をつけ、大抵は薬を飲み続けることで症状が改善されていき、効き目が出てくるまでかかるので長めに服用していくことが重要です。この症状は喘息と合併症のおそれがあります。鼻アレルギーでは花粉症に多くの人が悩まされます。こちらは植物の花粉で冬以外は注意されていますが、最近では花粉が飛散しやすい時期以外にレーザー治療で鼻の粘膜に施される花粉症を治す方法があります。これらの治療でアレルギーが原因での花粉症は起こりづらくなります。