くしゃみ連発!花粉症にご用心

くしゃみ連発!花粉症にご用心

自分は大丈夫…なんて油断大敵!あなたも明日には花粉症かもしれません。すでに花粉症に悩まされている方も、今はまだ大丈夫と高をくくっているそこの貴方も!ぜひぜひ、このサイトの情報から身を守る術と、治療するための方法を学んでいってください!

花粉症になったらどんな症状が出るの?

花粉症になると様々な症状が出ます。
例えば、目のかゆみ、皮膚のかゆみ等がそれに該当します。
花粉症はほぼ一年中発生しているとされています。
現在、特に多いのは冬の末期から春にかけてのスギ、ヒノキの花粉症です。
この花粉症は、鼻詰まり、鼻水、喉の痛み、咳、頭痛等同じ時期に多い風邪やインフルエンザと区別がつきにくいです。
人によっては風邪と花粉症の両方を患っているケースがあります。
症状が出た時は早めにケアをする事が大切です。
人によってはお腹の調子が悪くなるケースもあります。
ノロウイルス等の感染症と間違えられる事もあります。
花粉症になると体の状態がいつもとは違うため、物事がスムーズにすすまない事が多いです。
結果、イライラしたり、落ち込んだりします。
人によってはうつ病のような症状が出る人もいます。
目のかゆみ、鼻づまりといった一般的な身体症状だけではなく、心の問題が発生する事があります。
この病気になるとアレルギー反応を起こし、全身にかゆみをもたらす事もあります。
アレルギー性皮膚炎を患っている人は特に強くかゆみの症状が出ます。
鼻づまり、目のかゆみ等で満足に睡眠を取る事が出来ないケースも多いです。
寝不足による集中力の低下や不眠症という症状に苦しめられる人も多くいます。
患者によってはアナフィラキシーショックを起こし、生命の危険に直面する場合もあります。
症状が強く出る人は外出時等は花粉を体内に取り入れにくい格好をしないとすぐに重篤な症状に見舞われる事があります。
ほとんどの花粉症では目、鼻、喉に痛みやかゆみ等の症状が現れます。
花粉症のシーズンがスタートするまでに適切なケアを受けておけば、シーズンがスタートしても重い症状は出ないです。

花粉症はお薬で完治させられるの?

花粉症の対策として特に有効な方法の1つは、病院で診察を受けて、お薬で治療をする事です。
病院で診察を受ける段階だと、既に花粉症の症状が出て酷い状態でしょう。
こうした状態でも病院のお薬であれば、しっかり症状を抑えられますので、対策と言えます。
ただし、花粉症をお薬で治す上で注意点が3つありますので、事前に把握しておきましょう。
1つ目は、花粉症そのものをお薬で治療する事です。
方法としては、漢方が挙げられるでしょう。
漢方ではお薬を使って、花粉症を発病しにくい抵抗力のある体質へと改善していく形になります。
もちろん、既に発病している場合でも、症状を弱める処置が取れますので、症状を和らげた上で、体質を改善していくという治療もできます。
花粉への抵抗力が高まれば、結果的に完治したと言える状態になるでしょう。
2つ目は、花粉症の症状を和らげる治療です。
耳鼻科等の診察の際に受け取るお薬であれば、症状をすぐに和らげる事ができます。
お薬を服用している期間は症状がとても出にくいので、これも、結果的には完治しているという状態になります。
ただし、漢方と異なって根本的な治療という訳ではなく、極めて効果の高い対処療法といった形になります。
抵抗力の強い体を作らなければ、次の年の花粉シーズンにまた病院でお薬を頂く事になるでしょう。
病院の診察では自分が花粉に対してどの程度の抵抗力があるかも調べられますので、花粉対策の目安として情報を得るにも有効な方法と言えます。
お薬以外の方法を利用して花粉症の症状を和らげ、結果的に完治したと言える強い抵抗力を得る事もできるものです。
花粉症を完治したいと考えている方は、相談をする時に、根本的な治療ができるように相談してみると良いでしょう。

花粉症って他の人に感染(うつ)るの?

花粉症はくしゃみが出る事から、ウイルスや病原菌が飛び出て感染してしまいそうにも見えますが、実際にはそのような事はありません。
花粉症は一般にアレルギーと呼ばれる現象の1種で、本来なら無害なものに体が過剰に反応してしまう事を指します。
つまり、ウイルスや菌が原因となっている訳ではないので、花粉症の人と一緒にいても、その影響でくしゃみや鼻水が出る事はないのです。
花粉そのものが無害であるなら、どうして花粉を吸いこむ事でくしゃみや鼻水が出るようになるのか。
そこには、ヒスタミンやロイコトリエンと呼ばれる物質が関係しています。
人間が花粉を吸いこむと、免疫システムが異物の侵入を感知して抗体というものを作ります。
抗体は異物に対抗して人体を守るのに必要なもので、目や鼻にある、肥満細胞と呼ばれるものに結びつくのです。
花粉が目や鼻に入り込み続けると、抗体の量もどんどん増えていくでしょう。
これが一定の量を超えると、花粉の侵入に反応して、ヒスタミンやロイコトリエンといった物質が放出されます。
この時、ヒスタミンは人間の知覚神経に作用して、目のかゆみやくしゃみ、鼻水といった症状を引き起こすのです。
また、ロイコトリエンは血管を拡張させて鼻づまりを引き起こします。
これが花粉症が起きる仕組みです。
「花粉に対して体が過敏に反応する」という形ですから、人に感染するという心配はありません。
例えるなら、辛い物を食べて悶絶している人から、悶絶する辛味が伝わると心配するようなものです。
辛い物を食べて悶絶する方が隣に居ても、同じ様に悶絶する事はありません。
同じようになるには、同じ様に辛い物を食べて、体を刺激しなければいけないからです。
このように、花粉症が他の方に感染する事はありません。
家族に花粉症の方がいても、その症状が原因で花粉症が感染する事は無いので安心です。
■私が愛用している花粉症の薬はコチラ
ザイザル
■こちらの薬もおすすめです
アレグラでアレルギーを治そう